2019初売りとスマホ購入(Zenfone Live L1)


初売りで若干安く売り出されていたので「Zenfone Live L1(ZA550KL)」を購入。

Zenfoneはたまたまチラシで見つけて調べたところDSDS対応ということだったので。今使っているNexus7(2013)の挙動が怪しくなっていた所だったため、最悪、タブレット代替としてのみ使用すれば良いかと考えた。価格が安いので多少不都合があっても諦めもつく。

希望はAUの通話SIM+IIJのデータSIMだが、購入後に良く見ると、サイトに「※7. SIM1/SIM2のnanoSIMカードスロットはともに、4G/3G/2G回線の接続に対応しています。ただしSIMカードを2枚挿入して、LTE回線を同時に使用することはできません。」と書いてあった。

やはりDSDVするなら ZenFone 5 (ZE620KL) を買うべきだったと少し後悔。


ひとまずモバイルデータ通信は手持ちでサイズの合うロケットモバイルのSIM(神プラン)で動作は確認した(手動設定必要)

起動して半日使った範囲で
・Googleアカウントからの復元でWifi設定まで移行でき楽々
・持った感じがiPhone6s(143g)よりもはっきり軽い。140gでたった3g違うだけのはずだが、体積比の違いなのか。
・若干不便:指紋認証無(顔認証はある)、Wifi 5Ghz帯非対応、防水防塵非対応、おサイフケータイ非対応
・タッチパネル感度は問題無し
・NexusとのUIの違いに戸惑う。

手持ちのAUのSIMをNanoサイズの3GSIMに変更しないとDSDSにできないのは残念だったが、何より新品のZenfone Live L1(ZA550KL)自体の動作、バッテリーは今のところ問題無く、Nexus7に比べれば画面は小さいが軽量なので、代替としてはひとまず使える端末ではある。

2台持ちは変わらないが、追々良い使い方を考えていく予定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック