北海道車中泊旅行のメモ書き

9/17~22の6日間、北海道旅行をしてきたメモ書き。
今回もフェリーに車を積んで車中泊をしつつぐるっと回るコース。

■周ったルート
1日目:小樽から神威岬、奥尻島半周(せたな港利用、宿泊)
2日目:奥尻島一周(同上)、江差(海陽丸)、函館(夜景、泊まり)
3日目:函館(再度函館山、五稜郭)、新冠泊まり
4日目:ディマシオ美術館、夕張(石炭博物館)、富良野泊まり
5日目:旭岳、宗谷岬(白い貝殻の道)、稚内泊まり
6日目:稚内から小樽に戻り。

何処も良かったが、奥尻島は1泊で慌ただしかったため、次回はもう少しゆっくりしていきたいところ。

北海道胆振東部地震の影響でと滞っていた物流が回復し始め、観光地の営業が再開し、客足が戻り始めた三連休前後という時期。好天に恵まれて気温は程良い時期にもかかわらず、特に海外からの観光客が減少して混雑は少なく、比較的快適な旅行だった。


■走行関連(奥尻島はレンタカーなので除外)
走行距離 2042.5km(1日平均350㎞程の移動)
ガソリン代 21,654円
給油量 144.04L
燃費 14.18km/L
給油平均単価 150円/L

■上記以外の支出額
食費 1.5万円
フェリー代 4万円
その他 2.3万円
(入浴、駐車場代、入館料、交通費)
さらにカメラレンタルやお土産代、事前準備、出港地と自宅の移動などなど。
奥尻島での宿泊費とレンタカー代がかなり低く抑えられたとはいえ、やはりそれなりに。

今回は360度撮影が出来るThetaSCをレンタルして写真を撮ってきたが、周辺の様子を1枚の写真に収められて非常に便利だった。購入を検討してしまう。


■ThetaSC写真

ディマシオ美術館
ディマシオ美術館 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



日没後の奥尻島。明るいのは月。露光時間60秒。
奥尻島夜景 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



旭岳
旭岳 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




■観光っぽい普通の写真

積丹半島の神威岬
画像


奥尻島のなべつる岩
画像


奥尻島津波館の時空翔
画像


江差町の海陽丸
画像


函館市街の夜景
画像


きくよ食堂の巴丼
画像


函館市街
画像


函館五稜郭タワーから五稜郭
画像


新冠町ディマシオ美術館にある世界最大の油絵
画像


石炭博物館の大露頭
画像


富良野の雲海と朝焼け
画像


旭岳
画像


宗谷岬にある白い貝殻の道と夕焼けの利尻島
画像


稚内の防波堤ドームを稚内公園内から
画像


稚内にある漁師の店の海鮮丼
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック