AUガラケーからDSDSスマホへの切り替え検討

※あくまで調べた範囲での話なので誤りはあるかも※

現在は
・AUガラケー
・新タブレット(IIJmio)
・旧タブレットかS51SE(ロケットモバイル)
・会社スマホ
で、無駄に多い。

今回検討したかったのは
・AUガラケー(4GLTE)から ではなく
AUガラケー(3G)+タブレット(格安データSIM)からの移行で、
ガラケーと新タブレットのSIMを1台に集約すること。

旧タブレットのSIMは新タブレットに移してオモチャに。


元々は旧ガラケー→手持ちの新ガラケーにとも思っていたが、そろそろ手頃なDSDSスマホに出来ないかというところで調べてみた。

色々調べた結果、選択肢がほぼ無いことが分かったのでそのメモ書き。

■前提知識
・国内でDSDS利用は、3G + 4G LTE の組合せのみ
・2020年には3G(CDMA2000=旧CDMA 1X WIN)は廃止される予定
・3GにはVer.001、Ver.002=au IC Card 02 (3G) がある


■現時点での結論

 『gooのスマホ g07+(グーマルナナプラス) 一択

※但し2年半後にはまた買い替える必要あり(理由後述)


そもそも、AUで使えるSIMフリースマホが少ないことと
さらに、DSDS(3G+4GLTE対応)機はまだ少ない。



2~4倍の金額を出せば、というのであれば

 Zenfone 3 Deluxe 5.7

があるし、AU以外対応でDSDSスマホというのであれば

 MOTO G5

技適が無しなら

 Google Pixel 他中華スマホ

という選択肢はある。

単にAU対応スマホというのであれば

 ZenFone 3 Max ZC553KL

がバッテリ持ちが良くて魅力的だった。


但し、自分の目的に合う手頃なAU対応DSDS機は上記『g07+』しか見つけられなかったというのが結論。
しかし仮に、買い替えたとしても、今の使用法で使える期間が2年半ほどしかないのが悩ましい所。

■注意事項
・g07+、Zenfone 3 Deluxe 5.7 どちらを使うにしても、2020年にはDSDSはできなくなる。
 ※DSDS利用に必要な3G回線が廃止されるため。
・g07+は、全キャリアVolte非対応のため、2020年以降は音声通話用としての価値はほぼ無くなる。
・3G端末からの切り替えであっても、現在のSIMがVer.001の場合はVer.002以降のものに切り替え必要

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック