北海道旅行二日目(礼文島)1

北海道旅行目次
http://uwasora.at.webry.info/201509/article_1.html

二日目
写真はJPEG撮って出しをそのままリサイズしただけ。

朝、早く目が覚め体調もそれなりに回復していた。少し散歩して二度寝。
画像


朝食後早速原付で移動開始。
画像


最北端の湖 久種湖
画像


北の海岸沿いに出るとスコトン岬とトド島が見えてくる。
画像


スコトン岬駐車場。フェリー時間より早めに出発したため、人は少なめ。
画像


スコトン岬到着
画像


と思いきやまだ先があった
画像


ココが最北限
画像


向こうがトド島。アザラシはいなかった。
画像


すごい所に例の宿が。岬の上は強風だったが、風があまり吹き込まない位置に建てられているようだ。
画像


少ないがぽつりと花が咲いていた。
画像


売店(島の人)と最北端のトイレ。
画像


軽く飲食できる場所と土産物が売っていた。
荷物になるので嵩張らない物を少し購入。
画像


ゴロタ岬に向かう。道中も気持ちの良い景色が続く。
画像


細い道だが大型観光バスとすれ違いあり。車同士だとどこかの退避スペースで待つ必要がある。トゥデイで良かった。音がうるさいが・・。
画像


途中寄った展望台から
画像


トド島展望台の名前通り。
画像


ゴロタ岬の登り口
画像


結構歩くように見える・・・。
画像


急なところもあり、ぬかるんでると滑りそう。風も強い。
画像


ぽつぽつ花が咲き、虫もそれなりに。
画像


遠くにスコトン岬を望む。
画像


スコトン岬と逆サイドにある金田の岬も見られる。K-rと250ミリ望遠で。
画像


この花は割とよく見る。
画像


ゴロタ岬に上りきって振り返る
画像


ゴロタ岬到着
画像


ゴロタ岬からさらに南側のスカイ岬の方向。雲がかかっている。
画像


東を見ると稜線を歩く姿が。岬めぐりはこのような場所を歩いていくようだ。
画像



画像


少し行った先でも原付までは戻れそうだったので進んでみた。
ゴロタ岬方面を振り返る。
画像


前方にはRPGの舞台になりそうな景色。
画像


異世界感
画像


8時間コースはこれを遥か先まで・・・
画像


MAP上はこの辺りから登れる道の影が見えたが、とてもルートがあるような状況ではなかった
画像


仕方ないので引き返す。予想外に時間ロス。
画像


原付まで戻り一気にスカイ岬の駐車場へ。トイレと売店があり、ウニ丼や焼き物が食べられる、が時間が無いので飲み物だけ購入。
画像


売店の先へ進み、階段を上ったところに展望スペースがある。鳥居があるのは、(多分)稲穂の崎
画像


スカイ岬に上がってくる港の方向。
画像


こちらが有名なスカイ岬の景色
画像


折り返して礼文空港方面へ。途中の高原道路からも素晴らしい景色が続く。
画像


船泊辺りの神社。他のブログで見て見つけたら寄ろうと。
画像


階段の先に
画像


やはり人は来ている模様。管理している人がちゃんと回収することも祈念して参拝。
画像


金田ノ岬 丁度観光客多数着のタイミングだったため、写真だけ。
画像


礼文空港に続く坂を上がった丘の上。自衛隊駐屯地?は遠い。
画像


閉鎖されている礼文空港。回りは何もない・・・。
画像


時間が押してきたので香深港方面へ向かうと、利尻富士が見えていた。
画像


日食観測記念碑
画像


鳥居が二つある珍しい見内神社
画像


青海に浮かぶ利尻富士
画像


一気に飛んで桃台猫台展望台。中央が特徴的な形状の桃岩
画像


猫岩と有名な桃岩荘が見える。桃岩荘の方は宿泊客以外立ち入り禁止となっていた。
画像


猫岩。確かに猫っぽい。
画像


地蔵岩はこの方向のハズだが見つけられなかった。港の方に行かなければ見えないのかもしれないが、時間が足りず今回は諦めた。
画像


「北のカナリアたち」のところも時間が無さそうなのでまわらず、急いで港へ戻り原付を返却。
フェリーへ乗船。念のため30分前についたが、実際は10分前着でも何とかなりそう。
画像




文字数制限のため2へ続く

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 北海道旅行(礼文、利尻、知床)目次

    Excerpt: 2度目の北海道旅行。 前回はレンタカーだったが今回は日程に余裕があったのでフェリーに車を積んで行ってきた。 Weblog: うわのそら ブログ -uwanosora- racked: 2015-10-01 23:09