Nexus7(2012)自力分解修理メモ

画像


1年ほど初代Nexus7を使用していたが、うっかり落として液晶パネルを破損してしまった。
保護フィルムは貼っていたので飛散せず、またある程度操作は可能だったが、誤検知による誤動作がしばしば発生し、快適に使うことはできない状態。

安い出物のNexus7(2013)があり購入したものの、ジャンクで売り払うのも勿体ないので失敗覚悟で自力修理を試みた。

こちらのサイトなど参考にさせて頂いた
http://atmosphere147.blogspot.jp/2013/10/nexus7.html
http://sira2.blog.fc2.com/blog-entry-676.html

結果を先に書くと交換完了して無事に復活した。
しかし上記サイトほど簡単にはいかず、思ったより手間取る。

Amazonでは残念ながら物が無かったが、こちらで購入できた。フロントパネル1万円程。
【日本発送】Google Nexus7 (1st) フロントパネル 送料無料


後で気づいたがフレームと一体のものもあり、価格差と手間を考えるとこちらの方が良かったかもしれない。
【日本発送】Google Nexus7 (1st) フロントパネルASSY 送料無料

ともあれ注文し、ほどなく無事到着。
おもて
画像

うら
画像


以下、写真でざっと
バックカバーを外す。
画像


バッテリーを外す
画像

裏面がしっかり両面テープで張られているので、薄い定規などを差し入れて少しずつ剥がし、コネクタを外す。
その下に黒い板状のものがしっかり貼られていたが、これも端から少しずつ剥がす。

その他、諸々の見える小さいネジを全て外して、これでパネル面を外せるようになったかと思ったが、裏側がしっかりテープで貼られていてまた一苦労したが・・・
画像


フロントパネル基盤のコネクタを先に外しておけばもっと簡単だった。
画像


外したフロントパネルと裏返しの基盤
画像


新品と並べると
画像


あとは液晶面とフレームを外すわけだが・・・
ドライヤーで温めると良いという情報だったが、なかなか上手くいかなかったので湯せんにしてみた。
画像

蛇口から出せる最高温度ではやってみたが、しっかり貼りついて剥がれない。
仕方ないので割りながら無理やり作業。

何とか分離
画像


あとは残った粘着剤をボンドやガムテープで剥がして綺麗にし、両面テープでパネルとフレームを固定し、組立。
両面テープは100円ショップで購入した0.25mm厚のもので丁度良かった。

そして電源ON・・・
画像


無事に動作し、今のところ問題無し。

やはり一番手間取るのはフレームとタッチパネルの剥離なので、正直一体型を購入した方が安全確実でお勧め。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック