放射性物質の安全基準など

メモ

■放射線の単位
グレイ(Gy):「もの」が単位質量あたりに放射線から受ける(吸収する)エネルギーの量
グレイはジュール/キログラムでも表され、
1Gy=1J/kg

■放射能の単位
ベクレル(Bq):放射能の量(1秒間に放射線を出す回数)。1ベクレル(Bq)は、1秒間に1個の放射性核種が崩壊すること。

1㎏あたりのベクレル数(Bq/kg)

■人体への影響度を表す単位
シーベルト(Sv):放射線による生物(人間)への影響度合いを表す単位
シーベルト=グレイの値×放射線荷重係数×組織荷重係数

同じ放射線量でも、その線種(α:20、β:1、γ:1、x:1)、受ける臓器によって影響度は異なるため、単純な放射線量に係数をかけて換算している。実効線量とも呼ばれる。「低線量率」の被曝環境下での人体への影響評価を目的とした単位。短時間・大線量被曝では使われない。
シーベルト=グレイという説明を見ることがあるが、限定的な条件でしか成立しないということを理解しておく必要がある。



参考:
http://www.aomori-hb.jp/ahb2_08_h07_term.html
http://hiramatu-hifuka.com/onyakblog/?p=1873
http://gigazine.net/news/20110315_sievert/


コピペ
0.111 アメリカの法令基準(水)
0.5 ドイツガス水道協会
1 WHO基準(水)
10 WHO基準(野菜)
10 日本の3月16日までの基準値(水)
100 日本の乳児飲用に関する暫定的な指標値(水)
170 アメリカの法令基準(飲食物)
210 東京都金町浄水場
300 日本の3月17日以降の暫定指標(水)
370 日本の3月16日までの基準値(野菜)
510 福島県天栄村の牛肉から放射性セシウム
965 福島県飯館村の水道水
1,000 WHO基準 ←餓死を避ける為に緊急時に食べざるを得ない非常事態時の数値
2,000 日本の3月17日以降の暫定指標(野菜)
8,300 千葉旭市の水洗いした春菊 ←26日時点
54,100 茨城の水洗いしたホウレン草 ←食べても直ちに健康に影響があるわけではないww
430,000 タービン建屋付近の地上につながる配管の地下水
5,190,000 福島飯舘村の水洗いしてない雑草w
3,900,000,000 3号機で作業員の足がつかった溜まり水
2,900,000,000,000 2号機の溜まり水

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック